日本の料理

2000年以上、米は日本料理で最も重要な食品です。近年最近の数十年間およびゆっくり減少する米消費の間パターンを食べることの変化にもかかわらず、米は、今日日本で最も重要な成分のうちの1つのままで、多数の皿で見つけることができます。日本料理=和食と称され、世界無形文化遺産にも指定されました。

どんぶり

最近では丼飯が気軽に食べれるファストフード店も多く見かけるようになりました。牛丼・天丼はもちろんのこと、うな丼やカツ丼なども一緒に提供しているお店もあるようです。私もよくドライブスルーで牛丼を購入します。娘も大好きで安くておいしいので夕飯のメニューに困った時には決まって牛丼です。一番のオススメ丼はやはり日本人の心と言っても過言ではない、海鮮丼です。我が家の近くに海鮮丼専門のお店があり、店内で飲食はできないのですが種類がなんと50種類以上あるのです。もともと鮮魚の卸をしていたとのことで、ネタは間違いないですし、なんといっても値段の安さにびっくりです。すべて500円(税抜)で食べることができます。機会があったらぜひ一度は食べてほしいです。

おにぎり

おにぎりは炊いたご飯を手のひらサイズに握り、中にお好みの具を入れ、ご飯の表面に軽く塩を振って海苔で巻いたものです。中身の具材には主に梅干、鮭、おかか、昆布などが一般的ですが、最近では卵かけご飯風味なるものや、唐揚げマヨネーズなんてものも見られます。日本人にとって馴染みの深いおにぎりは、個々の好みで何を具にしても美味しく食べられるスペシャルフードなのです。コンビニエンス・ストアや駅の売店でも入手可能なポピュラーで安いスナックです。海外ではライスボールと呼ばれ、ヘルシーな食べ物として人気のようです。最近ではおにぎらずというもはやおにぎりの進化形?のバージョンが人気のようです。

カレーライス

カレーライスはもともとインドから伝来した食べ物ですが、日本で食される一般的なカレーはもはや日本食と言っても良いかと思います。インドのカレーとは全く別物なので、それこそインド人もびっくりといったところでしょう。私が小さい頃にはカレーの王子様というお子様カレーが人気でしたが、お母さんにとっては大人用と子供用に2つ作らなければならず大変だったのではないかと思います。最近ではレトルトのパウチに小分けになった子供用のカレーがあるので忙しいお母さんにはとても便利でうれしい一品です。

424 6/4

Copyright © 2010. All rights reserved. 日本の料理と日本の四季.